Latest Posts

出張査定時のチェックポイント


出張査定時でバイク査定をお願いする際に依頼者側はある程度、査定時に査定員がチェックする項目を把握しておいた方がバイクを高く買い取ってくれる可能性がありますので、今回はみなさんにそのチェック項目をご紹介させていただきます。バイクのことを知っている、知らないでは査定時に数万円の損をしてしまう可能性がありますので、ポイントをしっかりと押さえておきましょう。

まずはフレームやフロントフォークです。いわゆるハンドル周りのことですが、万が一事故車の場合は車体のゆがみにより安定した走行ができない場合などがありますので、査定員はチェックします。その理由としては、安全に走行できないこともそうですが、修理が必要になり費用がかかってしまう場合があるからです。

次に外装のきずなどの綺麗さです。いわゆる外装はバイクを購入しようとしている人側から見ればまず初めに目に入ってくるところですし、第一印象が良いほどバイクは売れます。したがってきずやへこみなどがないのか?という点もそうですが、ガソリンタンクの錆もチェック項目に入ってきます。これはタンクが錆びている状態だとエンジントラブルを引き起こす原因となる為です。

最後は電気系統です。これはライトもチェックポイントの一つですが、ライト以外にも自分ではなかなか確認しづらい計器類が正常に動作するかどうかをチェックするという意味です。外側よりも内部にある計器類が多いので、このような部分も査定対象に含まれてきます。その他にもちろんエンジンやブレーキが正常に作動するのか?というところも査定対象に入ってきますので、このような点を予め頭に入れておき査定をしてもらうと、知らないで査定をしてもらうよりも査定金額が高くなる場合がありますので、しっかりとポイントを把握しておきましょう。

出張査定時のトラブルと注意点


バイクの出張査定時にトラブルになりやすい点として、出張査定料がかかるのか、という点が挙げられますが、この点は査定日調整を行う際に電話でやりとりしますので予め確認をしておきましょう。しかし、この出張査定料の部分ばかりを気にし過ぎて、万が一自分のバイクの査定量が0円だった場合、この場合に出張査定料を徴収する業者もありますので、電話時にその点も予め確認するように注意して下さい

そして、出張査定時ですが、査定する側も人間です。もちろん査定するバイクの状態が一番の査定ポイントなのですが、少しでも査定金額を高くする為にも査定員には良い印象を持ってもらえるようにしましょう。良い印象とは初対面である査定員に対して親切で丁寧な対応を心掛けることも大事ですが、この場合の良い印象とは、バイクのことを普通の人よりも知っているということです。これは、バイクのことを知らずに査定員にお任せしてしまうと、査定員からしたらバイクの知識がないので安く売られてしまう場合があります。逆にバイクの知識を少しでも知っていたり、売る際の相場感を把握しておいたりすることで、査定員からこの人はバイクのことを知っているので、しっかりと適正価格以上で買い取らなければいけないと思われるはずです。

出張査定


今、ご自身が持っているバイクを売ろうと考えたときに一つの方法として出張査定という方法があります。これはその名前の通り、バイク業者に出張で来てもらい自分のバイクを査定してもらうという方法です。基本的には、インターネットなどでバイク業者を調べて、出張査定をしてもらうバイク業者に電話もしくはインターネットで都合の良い日時に来てもらうという流れです

出張査定を行う際の注意点として挙げると、まず出張査定をお願いするにあたってたとえバイクを売却しなくても費用がかからないかどうかというところ。基本的にインターネットなどで検索していれば出張査定無料などといった文言が書かれていますので、そちらで確認をして下さい。ただし、ホームページに出張査定が無料と記載してあっても、実際には無料ではないといった業者がいるのは事実です。また、査定した価格から出張査定料が引かれているなんてこともありますので、大々的に無料と記載してあったとしても事前に細かい注意点などを読み込んでおき、本当に無料なのかどうかを入念に確認しておいて下さい。確認を怠ってしまい、いざ出張査定にきてもらってから無料でなかったなんてケースも非常に多いですし、大手バイク買い取り業者に依頼している場合は下請け業者が査定にしに来るなんてケースもありますので、そのようなトラブルにならないためにもまず電話で無料なのかどうかをしっかりと確認することをおすすめします。

関連サイト→バイクランド…出張査定

バイク査定方法


今、バイクを持っている方で、ご自分のバイクを売ろうと考えている方は結構いらっしゃると思います。理由は、新しいバイクに買い替えたい、バイクが必要なくなった、など人それぞれです。バイクも車と同様に決して安い買い物ではないので、自分が持っているバイクが売れるのであれば、誰しもが売りたいと思うはずです。しかし、バイクを何回も売っている人はバイク業者でない限り少ないでしょう。バイクを売りたいけれど、どのように売ればよいのか分からないという方の為に今回はバイクを査定に出して、実際に売る所までを簡単にご説明しますので、是非参考にして下さい。

まず、ご自身のバイクを高く買い取ってくれるバイク業者に連絡をしなければなりません。今の時代は、インターネットですぐに見つかりますので見つけた業者に電話しても良いですし、代行してインターネットで一括査定依頼を出すことも可能ですのでそのどちらかが基本的な流れでしょう。一括査定をお願いするのであっても最終的には複数の業者から車種や年式などの必要な情報を電話で聞いてきますので、ある程度の情報は把握しておいて下さい。そして、その電話で実際に査定をする日時を調整して、当日に査定をしてもらいます。

当日、査定に必要な書類は車検証などの法定書類一式と自賠責保険証明書、そして印鑑を準備しておいて下さい。査定中に車体の状態などを聞いてきますので、聞かれたことに対しては正直にお伝えして下さい。査定が終われば大抵の業者であればその場で査定金額を出してきますので、その金額でよければ取引成立となり、その場で書類にサインをして、バイクを引き取ってもらえます。ただし、インターネットで一括査定を依頼している場合は全ての業者に査定をしてもらい、後日取引を決めた業者にバイクを引き取ってもらうという形になります。