バイク査定方法


今、バイクを持っている方で、ご自分のバイクを売ろうと考えている方は結構いらっしゃると思います。理由は、新しいバイクに買い替えたい、バイクが必要なくなった、など人それぞれです。バイクも車と同様に決して安い買い物ではないので、自分が持っているバイクが売れるのであれば、誰しもが売りたいと思うはずです。しかし、バイクを何回も売っている人はバイク業者でない限り少ないでしょう。バイクを売りたいけれど、どのように売ればよいのか分からないという方の為に今回はバイクを査定に出して、実際に売る所までを簡単にご説明しますので、是非参考にして下さい。

まず、ご自身のバイクを高く買い取ってくれるバイク業者に連絡をしなければなりません。今の時代は、インターネットですぐに見つかりますので見つけた業者に電話しても良いですし、代行してインターネットで一括査定依頼を出すことも可能ですのでそのどちらかが基本的な流れでしょう。一括査定をお願いするのであっても最終的には複数の業者から車種や年式などの必要な情報を電話で聞いてきますので、ある程度の情報は把握しておいて下さい。そして、その電話で実際に査定をする日時を調整して、当日に査定をしてもらいます。

当日、査定に必要な書類は車検証などの法定書類一式と自賠責保険証明書、そして印鑑を準備しておいて下さい。査定中に車体の状態などを聞いてきますので、聞かれたことに対しては正直にお伝えして下さい。査定が終われば大抵の業者であればその場で査定金額を出してきますので、その金額でよければ取引成立となり、その場で書類にサインをして、バイクを引き取ってもらえます。ただし、インターネットで一括査定を依頼している場合は全ての業者に査定をしてもらい、後日取引を決めた業者にバイクを引き取ってもらうという形になります。